電源入れたままの携帯を自宅に置いて入院したのが「命取り」。

出会い系サイトで首尾良くゲットし他不倫相手の女はモロ躁鬱患者でしたが、そんな時に扁桃腺全摘出手術の為、手術2日前の土曜日に入院する事に。
院内は携帯全面禁止との事で持参しなかったのですが、電源を入れたまま自宅に置いて来てしまったのが一生の不覚でした。

次の日見舞いに来た嫁との会話が、こんな調子でした。
嫁「退院しても家には帰らなくて良いから」。
俺「いきなり何だよ?」
嫁「アンタの携帯にワン切りが2回。着信履歴見させてもらったから」。
無警戒な俺は、相手の名前そのまんま登録していたのです。
とにかくその場を凌ごうと四苦八苦でした。
嫁「○○駅で夜8時ってのはどう説明するのよ!?」
最大のピンチの中、脳味噌フル稼働で言い訳を捻り出し続けました。
俺「今はバーチャルラブの時代だよ。これが最先端のメル友関係・・・」
これには嫁も完全に呆れてしまったらしく、たった一言「アホか!」と吐き捨てて病室を出て行きました。

翌日の全身麻酔手術後、酸素マスク装着に点滴の管と心電図を繋がれた状態の私は当然会話など出来ません。
嫁の掌に「ゴメン」と書くのが精一杯でした。
次の日以降も嫁は見舞いに来てくれましたが、勿論会話を交わすのが気まずく、本当は既に話せる状態でしたが筆談を続けました。
嫁「オンナに電話したから」
筆談「それで?」
嫁「相談に乗ってもらうのに何度かお会いしました」
筆談「(さっきの紙を見せて)それで?」
嫁「それよりホントに話せないの?」
頷く私。
嫁「少しだけ話したけれど、何だか頭が変な女みたいだから、気味悪くなって切ってやった」。
2回頷いた私。

あれから既に数年、嫁は最近占いに凝っていて、当たると評判の複数の占い師の元に通っています。
何でも毎回必ず「旦那の浮気に要注意」と言われるとサラリと報告されるのが堪えます。
「もう捕まえてますから、って変えいしてやろうかなァ〜」なんて独り言が更なる追い打ちを。

今年で銀婚式を迎えますが、良く当たる占い師の顔を立てる日が再び訪れるかどうか、私にも微妙です。

不自然な旦那のメール依存の理由。

あの当時、旦那は深夜走行の長距離トラックの運転手でした。
昼間は眠くて当然ですが、昼間もメールを続けている姿が日常的になり、さすがに「これは妙だ」と色々な疑念が隠せなくなって来ていました。
そんな私は出産後は専業主婦で家事と子育てに専念していましたが、時折子供同伴で仲間と一緒に馴染みの店で集う時間を息抜きにしていました。

ある日の集いもお開きとなり、帰り際にそんな趣味仲間のバツイチの男性が私を呼びとめたのでした。
彼の職場環境では出会いのチャンスも無く、出会い系サイトなども利用して女性との出会いを探していると話していました。
「どうして私にそんな話をするのだろう?」と不思議に思いつつ聞いていたのですが、次に彼が話した事に驚きを隠せませんでした。

何でも最近知り合った女性が最近他に会った男性が、私の旦那では?・・・そんな事をいきなり告げられたら、誰だって戸惑ってしまいます。
最初は半信半疑でしたが、更に色々確かめて行くと、確かに旦那がトラックで配送しているルート、積荷の種類、それに年齢や風貌といった数々の共通点が露呈したのでした。
何より昼間もひたすらメールしている旦那の姿の理由我、完璧に重なり合ってしまったのでした。

当然最初は否定した旦那でしたが、その男性から聞いた話を突き付けた結果、渋々認めました。
元来旦那は嘘がつけず、そんなピンチになるとあからさまに挙動不審になるので丸分かりでしたが、自身の口から白状させるのは一苦労でした。

旦那と出会ったのは、とある出会い系サイトでした。

旦那と出会ったのは、とある出会い系サイトでした。
最初であってしばらくは遊び友達だったのが旦那が付き合ってた女に逃げられて、その時に1番親しくしていた女だった私が彼女になりました。そんなかたちで旦那との恋愛がスタートしました。お付き合い・同棲から2ヵ月が過ぎた頃に旦那の携帯に頻繁に同じ女からメールがくるようになりました。
出会い系サイトを続けていたのも知っていて、その女だっていうのも分かっていました。ですが余りにも頻繁でおかしいと思い始めたのがきっかけになって、旦那が寝た間にこっそり携帯チェックをしてみました。「ゴムがなくなったから買いにいかないとね」や「今度は私の家にくる?」などどっさりと証拠メールが出てきました。
私は翌日、別れるべきか悩みました。メールをみたこと・浮気を発見したことの話し合いをしたのです。旦那は遊びだったからその女とは別れると言ってきたので、その場でメールしてもらいました。
相手の女は「自分だけだって言ってたのに、嘘つき!」とかいろいろとメールを送ってきました。
しかも相手は女子高生。男子の永遠の憧れのようですね。出会い系サイトで旦那と知り合いましたが、結婚して普通の家庭を築いております。まさか結婚までするとは、当時思ってもいませんでした。いろいろありましたけれども。

ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

どの探偵社に相談すればいいの?

詐欺まがいのニセ探偵社を避けるには、大手の探偵社を選ぶのが無難です。
大手探偵事務所・興信所といえば、

  • 原一探偵事務所
  • MRレディース相談室
  • HAL探偵社
などがありますが、顧客対応・調査力・実績など総合的に判断すると、原一探偵事務所がおすすめです。
ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


実績・調査力はダントツNo.1なので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら